注力分野:遺産相続事件における解決事例①

【不利な遺言があっても自宅を確保できた事例】

・ご相談内容
遺言が見つかったが,自宅は他の相続人に相続させる内容であったため,自宅から出ていかなければならないのかと心配になられていた。

・ご対応
遺留分減殺請求を行い,かつ調停を申し立て,代償金を支払うことになりましたが,自宅を確保できました。

・清水裕二弁護士からのコメント
不利な遺言があったとしても,早期に弁護士に相談のうえ対応すれば,トータルで見れば納得できる解決も可能です。

関連記事

  1. 注力分野:労働事件における解決事例③
  2. 注力分野:労働事件における解決事例②
  3. 注力分野:離婚事件における解決事例④
  4. 注力分野:交通事故における解決事例①
  5. 注力分野:債権回収における解決事例①
  6. 注力分野:労働事件における解決事例①
  7. 注力分野:離婚事件における解決事例⑤
  8. 注力分野:離婚事件における解決事例②
PAGE TOP