注力分野:離婚事件における解決事例③

【別居中の婚姻費用の請求へ対応した事例】

・ご相談内容
 ご相談者は,夫婦関係が極めて苦痛になり,妻からも冷たくされモラハラを受けていたため,自ら家を出て別居を始めた。その後,妻から執拗に生活費を請求されるようになり,困り果て,離婚を決意し相談にいらっしゃっいました。

・ご対応
 証拠上,明確な離婚原因はなかったものの,夫から夫婦関係調整(離婚)調停を申し立て,婚姻費用を含め話し合いを続けました。その結果,離婚は別居期間も短く時期尚早との判断で,納得できる婚姻費用の額の合意と当面の間別居する旨の調停が成立しました。

・清水裕二弁護士からのコメント
 結果的には直ちに離婚はできませんでしたが,妻からの請求も止まり,ひとまず落ち着いて別居できるようになりました。

関連記事

  1. 注力分野:労働事件における解決事例③
  2. 注力分野:交通事故における解決事例①
  3. 注力分野:労働事件における解決事例④
  4. 注力分野:遺産相続事件における解決事例①
  5. 注力分野:離婚事件における解決事例①
  6. 注力分野:離婚事件における解決事例④
  7. 注力分野:離婚事件における解決事例②
  8. 注力分野:労働事件における解決事例②
PAGE TOP