注力分野:離婚事件における解決事例①

【明確な離婚原因はないが,とにかく離婚したい事例】

・ご相談内容
 ご相談者は,妻と性格が合わず,とにかく離婚したいと相談にいらっしゃいました。お話をお聞きすると,妻は離婚したくないとのことでした。

・ご対応
 経済的満足が得られれば離婚する気持ちになると判断し,調停申し立てに踏み切りました。調停では,実際は妻が円満な解決を求めていない点を丁寧に調停委員に説明し,財産分与の条件を積極的に提示することで,調停離婚が成立しました。

・清水裕二弁護士からのコメント
 離婚できないとあきらめずに,まずはご相談ください。人間の気持ちは移ろいやすく,交渉の余地が十分ある事案がほとんどです。

関連記事

  1. 注力分野:離婚事件における解決事例③
  2. 注力分野:労働事件における解決事例③
  3. 注力分野:労働事件における解決事例②
  4. 注力分野:労働事件における解決事例①
  5. 注力分野:遺産相続事件における解決事例①
  6. 注力分野:離婚事件における解決事例②
  7. 注力分野:離婚事件における解決事例④
  8. 注力分野:離婚事件における解決事例⑤
PAGE TOP