注力分野:交通事故における解決事例①

【タクシー会社から連絡があり,困っていた方の事例】

・ご相談内容
 軽微な物損事故でしたが,相手から賠償請求を求められ,お困りになり相談にいらっしゃいました。

・ご対応
 事故状況から,ご依頼者の過失も大きいとは思われましたが,相手の言い分通りでもないため,公正な判断を求めるため訴訟を提起しました。訴訟では,尋問に至らず,和解で裁判官の心証を把握し,ご依頼者は納得して和解に応じました。

・清水 裕二弁護士からのコメント
 物損のみでも安易に示談せず,過失割合の判断だけでもご相談ください。

関連記事

  1. 注力分野:離婚事件における解決事例③
  2. 注力分野:労働事件における解決事例④
  3. 注力分野:労働事件における解決事例①
  4. 注力分野:離婚事件における解決事例②
  5. 注力分野:離婚事件における解決事例⑤
  6. 注力分野:離婚事件における解決事例④
  7. 注力分野:離婚事件における解決事例①
  8. 注力分野:遺産相続事件における解決事例①
PAGE TOP